2012年12月31日月曜日

これは、、あのマンガに出てくる、、悪魔の、、??

リアル実ですか?

ボバミルクティーに飽きたら

BobaをTiny Bobaにして、シュガー1/3でいってください。

今年印象に残った言葉

さて、年末となれば総括系のブログやアプリが増えますが、私は今年心にグサッときた一言を(笑)

“If what you did yesterday still looks big to you, you haven't done much today.” 
― Mike Krzyzewski

昨日やった事が未だに凄く(偉大に)思えるようであれば、今日はまだ何も大した事をやっていない。ーマイク・クレシャウスキー

以前、モチベーションを高める言葉として取り上げましたが、やっぱり1年を振り返ってみると、この言葉の持つ意味の深さと、考え方の本質は普遍的だなと感じさせられました。

育児をしていても感じるのですが、人間の本質は学習して進化をするということ。老化して退化する事とは背反する考え方かもしれませんが、いくつになっても学習はできます。そしてそれは人間に備わった機能です。

学習と聞くと勉強とイメージする事が多いかもしれません。しかしながら、実は日々の生活で小さな事に気づくだけで良いので、どんな事であれ構わないのです。たくさんの大小関わらない成功や失敗。そこから何を発見できるかが重要。

率直なところ、疲れる考え方でもありますが、考えて学習するのは疲れるのでしょうがありません。日々発見、日々学習、日々進化。なんかそんなとこにも禅的なものを感じます。さて、明日はどんな発見があるかな?

Keep Learning.

2012 December 31st, The New Year's Eve.




2012年12月29日土曜日

Kobe VIIIのパフォーマンステストを兼ねた一般人向けの公開イベントに行って来ました

先日、ロサンゼルスはベニスビーチで行われたKobe VIIIの一般人向けの公開イベントに行ってきました。

光の早さで襲え、っていうのが今回のテーマ。

一般人向けのKobe VIIIを履いたタイムアタック

コービーはBlue Lightってモデルを履いて登場

相変わらずの最新モデル

凄まじい人気

威圧感もアリアリ

これは店頭販売されたKobe VIII

とにかく軽い

個人的にもいろいろチェックしましたが、パフォーマンスレビューサイトにもあるように、以下の点がちょっと残念。

  • タング(ベロ)の素材が以前の5、6の物で無い
  • インソールが靴下によっては滑る
  • 紐が細くて便り無い

ただ、6以来の最高のできには変わりないので、要ゲットの品ですね。あとは配色とスキンのパターンがどんなのが出るかなってとこです。

http://youtu.be/sXkqrA5RYd8


おまけ:クリスマス限定モデル (Chirstmas Lights)

サンタモニカに移転オープンしたApple Storeが凄まじくCostco並に肥大化した件

今日、気付いたのですが、サードのアップルストアが移転してました。



移転先はどうやらユニクロが入ると噂されてたとこで、凄まじく巨大な店舗に変貌。これは奥行の深さ、天井の高さ、やばすぎる。。。





アメリカで使用後のクリスマスツリーをどうやって処分するのか?

近くの公園、もしくはツリーの販売所などでリサイクルできます。

カルバーシティに最近できたスターバックスが京都リサーチパークなスタバな件

似てる、、、地元過ぎてすみません、、、

【2012年版】私がDJならかけるであろうアメリカで流行った曲のまとめ

年の瀬という事で、そろそろ私が直感で選ぶ、2012年版のアメリカで流行った曲、若干HipHop R/B寄りの素材集です。通勤途中のラジオでよく流れていたので、まあ核心はついてるでしょう。最後はやはり老若男女に人気なあの曲で。。

2012年12月27日木曜日

20年前のスポーツマン・オブ・ジ・イヤー

今年はレブロン・ジェームスが表紙を飾ったスポーツマン・オブ・ジ・イヤーですが、20年前はこの人、マイケル・ジョーダンです。

Facebookで懇意にさせて頂いてるLさんから先日献本頂きました。ありがとうございます!!

Staples Centerに設置されたカリーム・アブドゥル・ジャバー像の全貌が明らかになった

このスカイフックは誰にも止められません。

Christmas Lights in Los Angeles 2012













2012年12月1日土曜日

ついにKobe VIIIの全貌が明らかになった

2日程前にKobe VIII SystemのLaunch Eventがあり、その全貌がついに明らかにされました。

Kobe 8 Systemで注目したい技術
  • ナイキ製のメッシュ素材のアッパー
    1. 軽量になった
    2. 通気性が良くなった
    3. フィット感が増した
  • ルナルロンのミッドソール
    1. 軽量になった
    2. 地面にくっついてるような低さ
    3. 薄型だけどクッション性
    4. 通気性が良くなった
どうやら過去最軽量らしく、調べたところ、重さがKobe VIの時よりも約30グラム近く軽くなってるようです。

10.6 ounce = 300.504945 grams (Kobe VI)
13.3 ounce = 377.048658 grams (Kobe VII)
9.6 ounce = 272.155422 grams (Kobe VIII) 

※サイズ9で軽量した場合

まあ簡単に言うと、今までより軽くなった通気性がよくなった、という点に注目してみたいですね。

2012年11月25日日曜日

サンタモニカのクリスマスツリー

クリスマスはもうすぐそこ。


San Diego Zooへ

パンダが有名と言われている、サンディエゴ動物園へ行ってきました。とにかく広くて一日では足りません。サファリもあるようで、また行きたいです。









2012年11月8日木曜日

UCLA Pauley Pavillionが改装されて、いよいよ明日開幕。

UCLAのホームコートが長い改装を終え、いよいよ明日、試合で使われます。

2+

二つになった

また一つ大きくなった

世界はどう見えてる?

空はどう見えてる?

可能性は無限だ

2012年10月29日月曜日

東海岸沖で発生した大型ハリケーン「サンディ」をGoogle Mapで見る

検索してみると、やはりGoogle Mapでアメリカ東海岸沖を直撃している大型ハリケーン「サンディ」の進行状況が詳しく分かります。

ニューヨークでもかなりの洪水、浸水のようです。数日前はカナダ沖の地震もありと、アメリカ大陸は天災の多い10月後半となりました。被害が最小限に留まる事を祈ります。

2012年10月14日日曜日

濃いピンクのハイビスカス

濃いピンクのハイビスカス

ハモサビーチの朝は清々しい

ハモサビーチの朝

スペースシャトルのエンデバーの移送現場を観察

一般見学場所に指定されているクレンショー・プラザに行くも、遅延のため断念。

テレビのニュースで6時間ぐらい遅れてクレンショー・プラザに到着したことを確認。思い切って再度挑戦したら、今度は昼間より少なめの中、見事に観れました。

NASAの文字が見えるぐらいの至近距離で大迫力。機体は宇宙に打ち上げられたからか、ボロボロでした。

Endeavour

2012年10月11日木曜日

A rainbow in Los Angeles

ロサンゼルスでは珍しい虹。なんか得した気分。

2012年10月9日火曜日

こんな美味い餃子に出会ったのは初めてです

最近、ロサンゼルスでもラーメンブームというものが到来していて、Lighthouseなんかでも特集されていました。以前から評判だったリトルトーキョーの大黒屋に昨日のライブ帰りに行ってきました。

実はラーメンでは無く、(一応、世界で一番好きなラーメンは決まってますので)、ここの餃子に驚愕しました。こういう餃子もあるんだなと。皮が分厚く、生姜が多く、そしてパリっという感じの無い餃子。ネギが多くまぶしてある。初めて餃子にハマりました。

レトロな感じの店内も良かったんですが、それにしてもこの餃子は衝撃でした。(なんで写真を撮らなかったのだろう。。)また機会があれば食べに行こうと思います。

参考サイト
http://goo.gl/KRTpk

B'zの2012ロサンゼルスライブへ

昨日はB'zがロサンゼルスのUniversal Cityにある、Gibson AmphitheaterにてLiveを行うということで、生涯初のLiveというものを観に行っていきました。

ほぼ日本人という観衆の中でしたが、テレビで見たことのあるそのままの雰囲気を楽しみました。印象的だったのが、25年続けてきて、やっぱり続けてみるもんだな、という言葉。

継続は力と良く言いますが、本当にそうだなと実感させられました。継続は力なり。

2012年9月27日木曜日

フィル・ジャクソンの本を2冊読む

最近、アメリカの図書館、いや、大学の図書館の凄さを知り、大いに活用しております。1つは英語にもっと触れ、読む作業を癖付けること。もう1つは単純に読書を楽しみたいために始めました。

早速、英語の本を読もうとしても、ハードルが高いと続かないので、興味のある範囲で自伝やバイオグラフィーの類が取っ付き易いので、NBAの名将フィル・ジャクソンの自伝を2冊ばかり読んでみました。

Sacred Hoops
http://www.amazon.com/Sacred-Hoops-Spiritual-Lessons-Hardwood/dp/1401308813/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1348813477&sr=8-1&keywords=phil+jackson

The Last Season
http://www.amazon.com/The-Last-Season-Team-Search/dp/0143035878/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1348813477&sr=8-2&keywords=phil+jackson

1冊目のSacred Hoopsは主に自分の生い立ちからシカゴ・ブルズ黄金時代の話。印象に残ったのがいくつかありましたが、その中でも、フィル・ジャクソンが選手時代、ニックスのコーチRed Holzmanの言葉。
"Red Holzman had a saying, that the diference between superstars and great players is that a superstar makes everbody on his team a better player,"
「スーパースターと素晴らしいプレイヤーの差は、チームの皆をより素晴らしいプレイヤーに仕立て上げる事ができるかどうか。」
マイケル・ジョーダンが優勝できなかった時代、そして、チームメイトがジョーダンの偉大さに萎縮してしまった引退から復帰直後のチームの状態、当時の苦悩をうまく表現しています。バスケットボールに関わらず、普遍的な言葉だと印象的でした。

2冊目のThe Last Seasonはレイカーズ3連覇後の最後のシーズンの話。選手達のエゴで事実上崩壊していたチームをどうまとめたらいいのか、当時の苦悩が綴られています。1冊目ほど印象的ではなかったのですが、今は名将や禅マスターと崇拝されているコーチも、結局は試行錯誤、失敗、苦悩、経験を通り越して来たんだなと親近感が湧きます。

全体的に面白かったのが選手にかける言葉の選び方。もちろん英語なのでニュアンスは伝わりにくいですが、フィル・ジャクソンは若い頃は短気だったようですが、経験と失敗を重ねる度に、直接的な言葉よりも、抽象的、時には回りくどい言い回しをすることで、選手の怒らせるのではく、考えさせて、気づかせるアプローチを取っていたようです。よく出てくるのですが、怒りは最大の敵という哲学。この辺の考え方が面白いですね。



2012年9月9日日曜日

また新しい1年を迎えて

先日アメリカで7年目の誕生日を迎え、いよいよ10年目もすぐそこだなと実感するようになってきました。裏を返せば、時間が経つのはあっという間だと考えさせられます。そこで頭をよぎるのが前回投稿した言葉。
“If what you did yesterday still looks big to you, you haven't done much today.” ― Mike Krzyzewski
本当にその通りだと思います。ちょっと疲れる考え方かもしれませんが、なんとなく過ぎていく毎日に小さな(ゴール)目標を立てることで少しでも成長する。どんなこと、どんな分野でもいい。そうするとなんとなく過ぎていく時間も重みのある日々になる気がします。

また新しい1年、視線の先がブレること無く、様々な事に挑戦しようと思います。


2012年9月5日水曜日

モチベーションを高める言葉

“If what you did yesterday still looks big to you, you haven't done much today.” 
― Mike Krzyzewski

昨日やった事が未だに凄く(偉大に)思えるようであれば、今日はまだ何も大した事をやっていない。ーマイク・クレシャウスキー

ルーチン化された毎日で、モチベーションが下がりそうな時に聞きたい言葉です。


実はあまり知られていないもう1つのKobe Essential Short Fireberry

ネットショップでは出てこないのですが、(それともまだ販売されていないのか)、先日とあるお店でもう1つのファイヤーベリー色のKobe Essential Shortを発見しました。


これは水色主体のもので、グレー主体のファイヤベリーのモデルとは別バージョンの配色です。グレーの箇所がもう1つのバージョンと違って反転しています。



KobeブランドのロゴのSheath(刀の鞘)はファイヤベリー(濃いピンク)です。

今年のオリンピック以降、このFireberryやSouthbeachに見られるように、ピンク系と水色系の配色にグレーを混ぜるのがトレンドのようです。乗っかってみたいと思います。





2012年9月3日月曜日

ロサンゼルスでおそらく1番子供に優しく遠浅なプール

パコイマってとこにある、ハンセンダムのプール。入場料は大人$2.50、図書カードがあれば$2.00で入れます。

但し、アルコール、瓶、ナイフ類の持ち込みは禁止。

34.271124,-118.390133 (11698–11699 Foothill Blvd、Sylmar, CA 91342、合衆国)


2012年8月28日火曜日

夏場の炎天下でテニスをやったりする

約1年半ぶりのテニスをやりました。まだまだいけるもんです。


2012年8月22日水曜日

Kobe VIIIのプロトタイプのイメージが出た

数日前にKobe VIIIのプロトタイプ情報がデザイン画とネット上に出ました。KD VとLebron Xはもう既に実物情報は出てましたが、Kobe VIIIはこれが初ですね。

http://dimemag.com/2012/08/a-first-look-at-the-nike-kobe-viii/

どうやらVIIIでもシステムを採用するようです。そしてハイパワイヤーからエンジニアード・メッシュ(EM)に変更らしい。これはちょっと楽しみかな。ハイパワイヤーにもそろそろ飽きてきた感じがあるので、どういう履き心地、通気性になるのか楽しみなところです。システムは結局個人的には不発でした。少しコストかけすぎなのが、ブーイングですな。。

最近になってKD IV人気が凄まじいのですが、履いてる人をほぼ見たことが無い。売ってるところを見たこともない。(初期の頃はあった気がする。)そして、値段が他のシグネチャーシューズより安い。($99)ただ、履いた事がないのでなんとも言えないのと、個人的にはベルトが好きではないので、敬遠してるところもあります。ウェザーマンとUSAモデルはそれでもデザインが好きだったので、物凄く興味があったのですが。。

KD IV Weatherman
http://www.nicekicks.com/2011/11/kevin-durant-unveils-nike-zoom-kdiv-weatherman/

ランボルギーニの展示をやってるモールを発見

ロサンゼルスにあるモールは大抵行った事があると思ってたのですが、まだまだ未知のモールがありました。そしてたまたま発見したのが、このランボルギーニの展示室。そういや子供の頃、赤くて平べったいだけの理由でカウンタックが好きだったなという記憶が蘇りました。

車には詳しくないのでよく分からないのですが、今はムルシエラゴという後継者になってるようです。ただ、このイタリア色の車は違うらしいけど、何なんだろう?ロゴにも注目したことなかったけど闘牛らしい。でもスペイン製でなくイタリア製だけどもアウディ傘下に入ったからドイツ車になるのだろうか?ややこしいな。




2012年8月13日月曜日

USA Basketball 2012を振り返る

早いもので、2週間ほどあったロンドンオリンピックも昨日閉幕しました。個人的には前半戦の競泳が面白かったです。日本人選手の躍進、フェルプスの偉業、フランス勢の健闘などなど。水泳を小さい頃にやってたこともあって、陸上競技より競泳の方が観ていて楽しいのかもしれません。

さて、2012年のUSAのバスケットボール・チームは、心配されていたビッグマン不在も嘘だったかの如く、エキシビジョン、予選、決勝ラウンドとほぼ危なげなく戦い、最後はスペインとのリマッチも見事に制し、金メダル獲得で終幕しました。

メンバーが発表されて、誰がどういう役割で機能するのか、スター選手のエゴをどうやってコントロールするのか、リバウンドは取れるのか、インサイドは守れるのか、などなど、いろんな懸念材料を指摘されていましたが、ビックリするぐらいチームとして機能していたのにはビックリさせられました。

Versatility (多様性)

これが今回のキーワードだったと思えます。レブロン・ジェームスとケビン・デュラントが良い例で、あの体格で1~5番までのポジションをこなせるのは、どこの国のチームにもおそらくいないでしょう。だから常にミスマッチが生まれる。今までは運動能力だけという印象だったアメリカも、シュート力、やる気、エゴを抑える、そして、この多様性が加わったことで、2004年から継続して作ったあるべき姿が出来上がったように思えます。

それにしても、恐ろしい攻撃力でした。コービーもオリンピック後にコメントしていましたが、クォーター毎に爆発する選手が違うという現象は見た事が無いと言っていました。1Qにコービーが2桁得点し、2Qにデュラント、3Qにレブロン、4Qにカーメロと、どこかで誰かが常に火が着いている状態というのは例を見ないチームです。

レブロンはMVP、ファイナルMVP、NBA優勝、金メダル獲得と、92年のジョーダン以来の偉業を達成したそうです。確かに今年のレブロンは凄かった。そしてデュラントも確実にスター選手となりました。今後はアメリカのバスケットボールもこの2人を中心に回っていきそうです。そして、コービーは今回でオリンピックから引退。少し不調を感じましたが、爆発するところでは爆発し、特にオーストラリア戦の後半は流石でした。

92年のドリームチームと比較され、92より強いんじゃないかと、議論がいろいろされていましたが、確かに今回のチームは歴史上に残る強さだったと思います。40分の試合でほぼ100点超えてるというのは凄まじい。

http://www.usabasketball.com/mens/national/12_moly_results.html

2012年7月26日木曜日

アメリカでロンドンオリンピックを生中継で観るにはNBA Olympics Live Extraを使う

アメリカのオリンピックの放映独占権はNBCがやっていて、不満な放送内容で散々だって現状を話しましたが、今年はNBC Olympics Live Extraがなんとかやってくれそうです。

但し、ケーブルTVなどのプロバイダに加入していないと、ログインできないのでダメ。

iPhone/iPadやAndroidのアプリもあるのでいろいろと試せそうです。ちなみに今はなでしこジャパンの録画をフルで視聴中。YouTubeを使っていて動画も鮮明です。

スケジュールからは個別に自分のメールアドレスに通知を出せるので楽です。時間帯も自分の住んでる地域とロンドンの時間帯を切り替えて見れるし便利ですね。

テレビの番組表はやっぱりみたいスケジュール、コンテンツを放映して無いからこのネット放映で今年の夏はオリンピックを楽しみます。

http://www.mercurynews.com/entertainment/ci_21156796/watching-london-games-action-live-is-mobile-reality

http://www.nbcolympics.com/liveextra/index.html

2012年7月21日土曜日

ダルビッシュとプホルスの対決をエンジェルススタジアムで観戦

Texas RangersとAnaheim Rangersの試合を観戦しに来ました。レンジャーズは強い。ホームランが4、5本出ました。ダルビッシュは頑張ってますね~。

赤いヘルメットが印象的な入り口

綺麗なスタジアムでした

プホルス対ダルビッシュ